幼保ブログ

【子ども主体の保育って?その3】子どもが「自分で考え自分で決める」。想いを大切にする保育と、つながる保育の輪



1週目【その1】子ども主体を叶える鍵とは…






檸檬会の「子ども主体」の鍵に迫る3週連載。最終回は

檸檬会の保育を伝え・共有し、実践してきた保育安全部部長、現場の保育士に話を聞いた。



「子どもが遊びを選ぶ様子から、自由保育と捉えられることもありますが、実は少し違っているのですよ」

 

子ども自身が選べる環境を作り、コーナー保育を取り組んでいる檸檬会の

 

保育全体を見守る長谷川部長は、こう話す。

 

なんだろうのその先へ。その合言葉のもと、

 

子どもがただ自由に過ごせば良い、ではなく、より学びを発展させるには、動と静のバランスよく過ごすためには。

 

保育士が日々ねらいをもち、子どもの興味や関心を見つめながら、環境作りに工夫を重ねています」






また、全員で同じ目標に向かって保育を進められるよう、顔が見える距離感を重視しているそう。

 

「保育という正解のない仕事だからこそ、

 

顔を合わせ、相談し合うことで、同じ方向を見つめられたらと考えています」








そんな檸檬会の保育に惚れ込んだという新卒1年目の大槻さん。

 

「子どもにすぐ正解を教える・手を貸すのではなく、子ども自身の挑戦過程を見守っています。

 

先日、1歳児が自分でズボンを履けて…感動でした!」

 

入職して、4月に12週目で落ち着き、不安そうにしない乳児、

 

保育士に促さられなくても1日の見通しを立て生活する幼児に驚くばかりだという。

 

「子ども自身の考える力、成長を目の当たりにする度に

 

私も、檸檬会の保育で子どもたちの成長を支えたいと、前向きな気持ちになります。

 

これからも子どもを急かさず、一人ひとり丁寧に寄り添い発達段階を見据えながら、一緒に成長していきたいです」







檸檬会には園を越えた仲間との交流が多い、と話すのは主任保育士の新井さん。

 

「例えば、法人内SNS〝ワークプレイス〟。

 

同じ趣味の人を見つけて仲良くなったり、同じ悩みを持つ人と相談したり…

 

仲間の輪が、仕事もプライベートも充実させてくれています」

 

他にも、独自のメンター制度や研修も交流の場だ。

 

「檸檬会のメンター制度では、

 

園内の先輩だけでなく、姉妹園の同じ年齢を受け持つ先輩メンターとしてサポート。

 

同じ立場の先輩の存在は、毎年、新人保育士たちから『心強い』と好評です。

 

新人・2年目・3年目・5年目研修、主任研修、園長研修でも

 

同じ立場だからこその学びや支え合いがあります」






保育士一人ひとりが手を取り合い、

 

より良い保育を目指す。檸檬会の輪は、今後もますます広がっていくだろう。






 

社会福祉法人 檸檬会の募集情報

https://www.coco-cari.jp/2020/detail.php?rct=00259




関連サイト