保育園・幼稚園の就職サイト

ココキャリ就活コラム

【履歴書・面接】志望動機の書き方、伝え方で気をつける3つのポイント




履歴書や面接で必ず聞かれる志望動機。

選考のとき、志望動機を最も重要視しているという園長もいます。

では、志望動機を聞くことで、園長や採用担当は何を判断しているのでしょうか?



大きく分けると、3つのポイントがあります!



(1)自園のことや業界のことをきちんと調べている?

(2)自園のどこに興味を持っているのか=自園に合う人材?

(3)伝える能力=コミュニケーション能力はどう?



今回は、この3つに分けて、志望動機の対策を伝授!





(1)自園のことや業界のことをきちんと調べている?



志望園のこと、業界のことを知るための一番の対策は…多くの園を見比べること。

「他の園もこれだけ見たけど、その中でも御園のこういうところが特徴だと感じた」

ということを自分の目線で伝えていくことで、ただ「良いなと思った」よりも、より具体的で、オリジナルの志望動機が伝えられます!


いいなと思う園が見つかった後も、比較できるだけの園見学は続けたほうがいいでしょう。



志望動機欄に「子どもが好きだから」と書く学生がいますが、当然NGです。
「他の園ではなく、なぜその園を志望しているのか」を伝えるようにしましょう。







(2)自園のどこに興味を持っているのか=自園に合う人材?


(1)と同様、他の園との比較が重要!

加えて、“褒めるポイント”に注意しましょう。

恋愛でも「外見だけでなく、内面を見て好きになってほしい」という人が多いと思いますが、園もそれは同様です。


「保育理念や教育内容、働いている職員など、園の“内面”の部分が自分に合っていると思う」

ということを伝えた方が、より、あなたの想いが伝わりますよ。








(3)伝える能力=コミュニケーション能力はどう?



「伝えたいことを相手に伝える伝え方」をする必要があります。

友達同士で話していても、「あれ?言いたかったことと、相手に伝わっている内容が違う…」ということ、ありませんか?

実は、選考を受けるときにも、よくこんなケースがあるんです。

だからこそ、「伝えたいことが伝わるように」話す必要があるのですが…これは、トレーニングあるのみ!



どんなトレーニングが効果的?

どういったところに気をつけたらいいの?

という点は、7/8(土)の面接対策講座でお伝えします!


席数に限りがあるため、気になる方は、今すぐご予約を!


Click→7/8 面接対策講座に予約する←Click








































コラム一覧ページへ

点線 バイト用

 ココキャリ2018
夢の#保育士・#幼稚園教諭まであと一歩!就職活動で、運命の園を見つけるなら、幼保の就活応援歴No.1のココキャリがオススメです^^



ココキャリ×SNS も配信中!

Facebook

Twitter

LINEで就職相談!ココキャリ就職相談窓口

YouTube

点線 バイト用


▼お問合せ受付▼
電話:03-5468-8333
※受付時間 9:00~18:00(平日)
キャリアフィールド株式会社( http://career-f.com/ 
ココキャリイベント担当まで


 

関連サイト

▲ページの先頭へ